発条

花見単独稽古レポ

昨日の日記、自分の中では書いてるうちにものすっごい盛りあがってたけど、今日になったら読み返すどころかページを見るのさえおぞましい。 おお、やだやだ。昨日は花見単独の稽古でした。 火曜日の稽古って雨降り率が高い気がする。自転車ライダーには辛い…

役者としてのこと

自分が役を演じることについてあまり書いたことがありません。 その理由のひとつは、「役者たるもの演じて見せてなんぼ、言葉で語るもんじゃない!」っていうのもありますが、それを言ったら脚本だって演出だって、「観て感じてもらってなんぼ、あれこれ裏の…

感謝感激!そして登場人物の名前について

いただきものの写真を撮ろうと思っていたのに、すっかり忘れて夢中で飲み散らかし食い散らかししてしまいました・・・。これはもうどんな演劇関係者も共通で持つ思いでしょうが、観に来てくださるだけで嬉しいのに、差し入れやプレゼントまで・・・!という…

スキッパーハイ終演

第8回公演「スキッパーハイ」、無事に公演を終えることができました。ご来場いただいた皆様、来場できないけどお言葉やら差し入れやらくださった皆様、何かとご協力くださった皆様、スタッフの皆様、役者陣、全ての方々に感謝しております。 ありがとうござ…

スキッパーハイ、千秋楽

長らく更新しておりませんでしたが、おかげさまで無事に楽日を迎えました、スキッパーハイ。 残りステージ2回でございます。 時間が空いたなあ。どこかへふらりとお出かけしてみようかなあというステキなあなた、是非タイニイアリスへ足をお運びください。 …

とうとう来週!スキッパーハイ!

稽古期間もあとわずか! ようやく映像出演の日高ゆりあちゃんとの合流を果たし、あとわずかの稽古期間で仕上げをいたします!発条ロールシアター「スキッパーハイ」! クールな物理学者を演じる日高ゆりあを観られるのは「スキッパーハイ」だけ!9/6(木)〜…

『スキッパーハイ』本番まで2週間!

カウントダウンが適当ですが、発条ロールシアター9月公演まであとわずか。 2週間後の今日は、早くも公演2日目を迎えています。 そう、9/6(木)が初日!そのまま9(日)まで計6ステージなのです!!稽古も順調に進んでおりますが、おそらくまだ関係者の誰も…

長いようで短い

発条ロールシアターの旗揚げ以来、ずっとうちに出てくれている役者、江戸川良さんと杉浦直くん。 考えてみたらばまだせいぜい4年くらいの付き合いなのでした。2人とも随分と成長したなあ(←すいません、言ってみたかっただけです。偉そうに)。 ヨソの舞台…

日々宣伝

いつだって、一人でも多くの人に観てもらいたい、と思っています。 が、今回は特に、是非とも皆様に観に来て欲しいのです。 なんでかって?せっかく自分がたくさん出てるんだもーん。丸ごと芝居いっこが自分そのもの!という普段の舞台とはちょっと違う。今…

今はいつだ

自分の年齢がわからなくなる日が来ようとは・・・。 36だっけ?いや、37だ。 西暦から生まれ年を引くという計算をいちいちしないとなりません。 その西暦も途中で2000年に突入しちゃったので、80歳とか90歳になった時、暗算ができなくなってそうな予感がしま…

役者紹介・予告編

日記を書いていたつもりが脚本の修正作業になっていた不思議。 お客様に送る公演のご案内を作成していたはずが、気が付いたら役者紹介を書いていた不思議。うーむ。これは多方向からの同時アプローチを行っているということなのか、集中力が無いのか。そんな…

ものっすごい楽屋落ち的なお話をつらつらと

本番まであと3週間です。 今回は自分の出番もけっこうあるので、ちょっと焦り気味です。「演出・主演」!ばーん!!って人とか、どうやって稽古してんの??! 主演どころかちょっと出番が多めなだけで、同時に二つのことなんてできなくなっちゃうよ、わたし…

発条ツアー

今回のお芝居の舞台となるのは郊外の河川敷!という訳で、出演者一同で川へ行ってきました!過去には都内お墓参りの旅とか、防災センターで地震体験とか、江の島で炎天下地獄の行軍とかやってきましたが、今回は川!いやー、予想以上に歩いた! そして川べり…

8/8!告知!

一か月後の今日は、公演まっただ中な訳です。発条ロールシアター9月公演「スキッパーハイ」 6(木)19:00 7(金)19:00 8(土)14:00/19:00 9(日)14:00/18:00 新宿タイニイアリスにて! 前売2500円、当日2800円 今回も脚本・演出でございます。出番…

稽古はじめました

おととい土曜日は、9月公演「スキッパーハイ」の稽古始めでした。 お久しぶりの人、お馴染みの人、はじめましての人が集まっての稽古は、ちょっとふんにゃりした感じでした。 ふんにゃり?というか、探り探り?というか、ヨソヨソしい感じ? 表面的には和や…

どうよ!

「セイルオフ」の舞台セット、面白かったでしょうー。今にもぶっ壊れそうなアパートの物干し場が本当にぶっ壊れて(笑)、最後にまた元に戻ったと思ったら、そのまままさか出航するとは・・・。 発想は私ですが、それを具体的に実現できたのは、発条ロールシ…

セイルオフの裏側の話

脚本を書くようになってから今までで、こんなに苦労を感じたのは今作が初めてです。本当に手こずりました。 どうしてかというと、おそらく今までと書き方を変えたからなのでしょう。そもそもどうして私の肩書が「作・演出」では無くて「脚本・演出」かと言い…

MY結婚観

3月も残すところあと10日です。ぞっ。毎日カウントダウンしよう。あっという間だわ。ただいま4月公演の準備中でして、かつてないほどアレな状況です。 1月公演もなかなかにアレでしたけど。こうして毎回アレ度を上げていってるわけです。さて、今回の公演の…

まつりの後〜いろいろ順繰りに振り返る-登場人物編-

最後に登場人物を振り返ります。 今回は準備期間が短かったので、登場人物1人1人への思い入れが、私の中で若干くすぶっています。 なので禁断の、「作・演出が登場人物を語る」をやっちゃいます。超絶自己満足。これぞ自分語り。 【阿久津】/中村和正 「私…

まつりの後〜いろいろ順繰りに振り返る-チケット料金編-

過去に、「2000円の芝居って聞くと、所詮その程度の内容なんだろうなって思って期待度が下がるんですよねえ」と言ってた子がいました。 ミュージカルとか有名人の企画舞台とかの端っこで踊ってる女優さんでした。凄い発言です。これと同様の考えを持つお客さ…

まつりの後〜いろいろ順繰りに振り返る-きっかけ編-

そもそもいくらタイニイアリスが空いていたからと言って、そして通常よりも割引価格で貸してもらえたからと言って、どうして準備期間の限られた中で何かをやろうと思ったのか。 昨年の10月頃、発条ロールシアターの「ファンタステカ」を終えて、私は凄まじく…

まつりの後〜いろいろ順繰りに振り返る-ふりぃすたいる編-

さて、そうして出会った南雲くん所属の劇団ふりぃすたいる。何度か公演を観に行きましたが、ふりぃすたいるを語る上で欠かす事のできない作品があります。 その名も 『白河荘の人びと』!白河荘というボロアパートに住む夢追い人達と大家さん、ご近所さんた…

まつりの後〜いろいろ順繰りに振り返る-南雲編-

企画公演「no title」終演いたしました。 ご来場くださった皆さん、お手伝いくださった皆さん、スタッフの皆さん、どうもありがとうございました。 出演者の皆さん、お疲れ様でした!いやー、ホントお疲れ様でした。さて、これから4月の公演に向けて新たな…

今日も超絶裏話タイムと宣伝

劇場に入ってからも稽古の時間をとってあるので実質はもう少し稽古時間がありますが、とりあえず劇場入りまでは残り4日です。どうしてこんなことになってしまったんだろう・・・。というのは、本当だったらぱっと集まって打ち合わせしてぱっと本番やろうぜ、…

日記は抜けても気力は抜かず

2012年は毎日日記更新しちゃおかなと思ったら4日目にしてもう抜けてしまいました。 まあ、3日に2回更新してるから良いかな・・・。昨日は稽古始でした。とはいっても昨年末の稽古締めから1週間しか経っていませんが。 年明け一発目の稽古はいつもよりちょっ…

大晦日っす

気がつきゃ2011年も最終日であります。 いつにも増してあっという間に過ぎ去った1年であり、長い長い1年でもありました。3月公演の真っ最中にあの大地震が起こり、その時の傷が今なお被災地に、被災した人々に、そして傷の深さはそれぞれなれど日本中のいた…

補足ですが

今回初めての役者さんがいるからハッタリを聞かせて云々・・・とありますが、ご存知の通り発狂しそうなほど台本が遅れているため、もうハッタリ聞かせるどころの話じゃないんだよ、それ以前の問題だよ。もう丸裸だよ。 という意味のことを書こうと思っての話…

だらだらととめどなく今の気持ち日記

日記を書こうと思ってトップページを開いたら、一個前の日記があまりにもだったので飲んでるお茶を吹き出しそうになりました。 歌詠みから始まって全編にわたって謎の文章。そもそもタイトルがおかしい。開き直ってるんじゃないよ。おかげさまで眠けが吹っ飛…

違ったアプローチで泣きを入れてみる

まず一句。「すいません 謝るセリフを 吐く暇が あれば芝居の セリフ書けよと」もう一句。「夜中だと いくらでも傑作書けるんだ 翌日読んだら ほぼ全直しだけど」字余り。もう一句。「全て忘れて遊び狂えば 逆に書けるんじゃないかな って思うけどたぶんただ…

好きなこと

未だ台本が完成しておりませんが(まだかい!)、究極のところ、登場人物さえキッチリ作れていれば台本が少々遅れてもきちんと本番までにいい芝居は出来るものだと今までの経験上わかっているのです。 ・・・なんて稽古場で言ったら袋叩きにあいそうだな。も…