ミューズと鉄拳とジェレミー・アボット

イギリスのロックバンド「Muse」の曲を使用した鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が、同曲の公式ビデオクリップとしてリリースされる・・・というニュースを聞いて仰天しました。

この「振り子」に使われた曲「エクソジェネシス交響曲第3部(あがない)」を鉄拳に教えてあげたのは、何を隠そうじゃじゃーん!発条ロールシアターなのでした!どう?凄い?凄くないか。
1月の発条ロール企画「no title」にご来場くださった方はもしかしたら記憶にあるかもしれません。そう、あの声無き号泣のクライマックス。

その芝居を鉄拳が観に来てくれたのですが、後日、「あれ何て言う曲なの?」と問い合わせが来たのですよ。つまり「運命的な出会い」は、あの時だったのねと。むふふ。
と、ほくそ笑みたいところですが、私はいま猛烈に猛烈に自分の胸の内に湧き上がる複雑な思いと戦っているのであります。激闘ですよ。

何故かって?それはもう、私にとってのあの曲は、他でもないジェレミー・アボットの2011-2012フリープログラムの曲だからですよっ!!!
そもそも私があの曲と出会ったのは、ジェレミー・アボットの、もうあの素晴らしき抒情の世界を紡ぐあの名プログラムを観た時でした。
私はそこで衝撃的に感動して、
「この曲を!この曲を絶対に使いたい!!何としてでも!!!」
と思って、なんならその曲によってあのストーリーが生まれたような、そんな出会いだったのです。曲が良かったのはもちろんのこと、それだけ魂を揺さぶる神プログラムだったのですよっ!!!
鉄拳とその作品への称賛はもちろんケチのつけようのないものではありますが、だったらみんな、そこに感動するならアボットのあのプログラムも観てーーーーーっ!!!!!
と。
芸術性で言ったら、アボットの「あがない」は、度肝抜かれてへろへろになるよ!と。観てる側の感性をもうぎゅぎゅぎゅいぎゅぎゅぎぃと刺激しまくりだよ!!!と。
ホントにっ!もう、あれは唯一無二の感動!!!

これが、鉄拳がまったく私と関係無いところであの曲と出会ったのなら、もしくは私がアボットと完全に無関係なところであの曲と出会ったのなら、
「おお!あの名曲と鉄拳のコラボか!すげえ!」
と素直に感動できたのでしょうけども。

そうなの。あの曲、あの曲自体が感動するの。感動を生むの。本当に。本当に好き。いい曲。
そして、今までこの曲を知らなかった人に橋渡しをした鉄拳の力って凄いなあと思うの。才能という点でも、人間という点でも。
誤解されたくないからあえて書くけど、鉄拳なんてホントに優しくて義理堅くて可愛くて仲間思いの凄くいい奴で、そのうえいつだってすごく向上心があるし、肉体的にも精神的にも怠惰なところがちっとも無い。売れる人ってやっぱり根本的に人間が良くできてるんだなあと思う。すごく好きだし尊敬している。
だから、素直に今回のことに感動できないのが、辛いっちゃ辛かったりもする。

という訳で私、あまりのショックに発熱と胃痛で寝込みまして。こんなの初めて。っていうか、ショックで体調崩すって子供みたいだわ。みっともないので表向きには風邪引いたっつってたんだけどね。って、ここで暴露したら意味無いじゃん。
そんでもって、ダメだこのままじゃ地獄の底に自ら落ち込んで行ってしまう、と思って日記に吐き出した次第であります。
こうして書いてると大したことなく思えるかもしれないけど、昨日くらいまでは、本当にドロドロと醜く汚く世の中を呪って、眠いのに眠れなくて布団の中で身悶えして、身体がどんどん苦しくなっていってしんどかった。
たかがこんなことで?と思われるかもしれないけど、いいんだ、わかってもらえなくても。辛かった、って私は吐き出したいから吐き出す。
ジェレミー・アボットのあの名プログラムがあったからこそ、今のタイミングで鉄拳とMuseの出会いがあった、と言っても過言では無いと私は思っている。

まあ、もっとストレートに、要するに何が言いたいかっていうと、この日記を読んでくださったあなたは、ジェレミーアボットの先シーズンのフリー、それも2012全米選手権の滑りを絶対観るべし!!!ということ。ショートもステキだけどね。
っていうか、ジェレミー・アボットのプログラムは、2009-2010シーズンくらいから、ショートもフリーもハズレ無しだと思うくらい名プロ揃い。
アボットはアマチュアの選手だし名前が売れたからってどうということは無いのだけど、しかしながらあの芸術性は、スケートオタクや地元アメリカの人達の世界だけに留めておくのは勿体ない。
いいものは世に知らしめたいのだ!

という訳で、ものっすごく末端で地道な運動ではあるけれど、鉄拳とか振り子とかMuseとかエクソジェネシスとか、検索にひっかかりそうな、いつもだったら避けて通るワードをあえて入れてのジェレミー・アボット普及活動日記を書きました。

ホントは動画を貼りたいのだけど、どういう基準で動画が削除されるのかがさっぱりわからないので、怖いので貼りません。曲名の一部とアボットの名前だけで出てくると思います。
って、こうやって書くの自体がアウトだったらどうしよう。こういうの詳しい人、もしアウトだったら助言してください。
あ、アウトっていうのはもちろん、Museの曲使用についてじゃなくて動画の著作権的な問題のことです。
あ、待てよ?自分でアップすればいいのか。でもj-sportsの映像しか持って無いしなあ。あれはダメだよねえ。

ちなみにイギリスのアイスダンスのカー姉弟。このカップルの現役最後のシーズンのフリーダンスもこの曲でした。2010-2011ですね。欧州選手権で3位になったんだよねえ。これもホントにステキプロだった。うっとりだったよ。
いやホント、曲の良さと振付の良さ、スケーターの良さ、全てが合わさっての名プログラムです。
ジェレミー・アボットとカー姉弟。必見です!是非ぜひぜひ騙されたと思って観てみて!
全米選手権以外のアボットは散々な時もあったりするので、是非に全米を・・・。
まあ、ミスしてても素敵プロには変わりないのですけどね。

ああ、これでようやくスッキリした。